日本農福連携協会について

 

一般社団法人日本農福連携協会は、農福連携に関係する生産者、福祉事業所、企業、団体、行政、消費者など、さまざまな団体・人々が参画でき連携するプラットフォームとしての役割を担います。農福連携に関するさまざまな情報を発信し、団体・人々をつなげ、農福連携の取組を広め発展させます。農福連携を通じて、地域を元気にし、障がい者など、さまざまな生きづらさを抱えた方々が幸せに暮らせる社会の構築を目指します。

日本農福連携協会は、2021年4月19日に「農業分野での障がい者等の雇用や就労を通じて地域の活性化と共生社会実現に寄与することを目的」に農林水産省および全国農業協同組合中央会(JA全中)と「農福連携に関する包括連携協定」を締結しました。また、同日、株式会社農協観光とも「農福連携に関する連携協定」を締結しました。
 

新しいパンフレットを作成しました

農福連携のことや協会の活動がよくわかる内容になっています。
こちらのリンクから是非ご覧ください。
 

MISSION

  1. 農福連携によって生産された産品等の販売を促進し、その販路を開拓します。
  2. 農福連携に関する情報や資料を収集して、発信します。
  3. 農福連携に関する調査研究を実施します。
  4. ノウフクフォーラム、セミナー、研究会等を開催し、農福連携の普及啓発に取り組みます。
  5. 農福連携の推進に必要な人材の育成に取り組みます。
  6. 農福連携事業に関係する各関連機関の連絡調整役を務めます。
  7. 農福連携に関する施策について政府関係機関等へ提言します。

役員一覧

会長理事 皆川 芳嗣 ( ご挨拶 )
副会長理事 村木 厚子
代表理事 榊原 典俊
理事 宮嶋 望
理事 新井 利昌
理事 熊田 芳江
理事 小池 邦子
理事 國松 繁樹
理事 斎藤 公生
顧問 濱田 健司
監事 雨宮 元美
監事 名越 秀夫

会員紹介
会員のWeblink